賃貸管理会社を選ぶときに気をつけたポイント

最後に決め手となったのは、コミュニケーション

そして最後に決め手となったのは、コミュニケーションです。
大切な財産でもある不動産の管理や仲介を任せるわけですから、コミュニケーションがとれない相手では話になりません。
信頼できる相手であるからこそすべてを任せられるわけですから、決めるまでに行われた打ち合わせで相手方の対応を細かくチェックし、これなら信用できると感じたら契約をしました。
おかげで賃貸管理会社との関係は非常に良好で、気になることがあれば気軽に質問ができますし、細かい報告も定期的に上げてくれるので安心です。
賃貸経営は投資の一つとして考えられているので、人と人との関係は軽視してしまう人もいるかもしれません。
しかし投資の一つであっても最後はオーナーと担当者との関係が決め手になりますから、コミュニケーションを重視するのは当然とも言えるでしょう。
ですからこれから賃貸経営を始めて管理いや仲介を任せる会社を探している人にアドバイスをするなら、担当者とのコミュニケーションは大切にしてください。
コミュニケーションが採れるか打ち合わせなどで見極めるようにしつつ、それから実績などを参考にしながら決めれば選び方で失敗する可能性は低くなります。
そもそもコミュニケーションがとれない相手を選んでしまうと、不安になったり打ち合わせでストレスを感じるなどしてしまいます。
知り合いの先輩オーナーもコミュニケーションは大切と力説していたので、最も重視すべきポイントです。

賃貸管理会社は賃貸経営において非常に重要 : 本業がある以上賃貸経営にかけられる時間は限られます : 最後に決め手となったのは、コミュニケーション