賃貸管理会社を選ぶときに気をつけたポイント

本業がある以上賃貸経営にかけられる時間は限られます

建物全体の管理だけをする会社もあれば、入居者の仲介のみに特化している会社、それぞれを対応してくれる会社などです。
本業がある以上賃貸経営にかけられる時間は限られますから、当然ながら選んだのは管理と仲介の両方をしてくれる会社です。
このスタイルならオーナーが行うべき業務の大半を任せられますから、兼業オーナーには魅力的ですね。
次に重視したのは、経営するワンルームがある地域に強みがあるかどうかです。
地域に強みがないと入居者探しも難しくなりそうですし、効果的な管理もできなくなるでしょう。
そのため地元の会社も条件の一つになって、さらにこれによりなにかトラブルが起きたときも迅速な解決を期待可能です。
もし建物で大きなトラブルが発生した場合、すぐに対応してくれなければ被害が拡大する恐れがあります。
しかし地元の会社ならスムーズに現場に向かい対応してくれますから、安心感は高く頼りがいがあります。
他にも入居者を見つけやすい集客力の高さもポイントで、これも店舗数や実績を参考にしながら選びました。

賃貸管理会社は賃貸経営において非常に重要 : 本業がある以上賃貸経営にかけられる時間は限られます : 最後に決め手となったのは、コミュニケーション

/ 賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の概要